SUVの選び方!おすすめの車種を紹介

自動車の種類の中でも人気が高いSUV。しかし、そもそもSUVって何なの?何が良いの?
RV車と何が違う?など疑問に思う点もあると思います。そんなSUVの特徴や車種を選ぶ際のポイント、おすすめのSUVなどSUVについてご説明したいと思います。

SUVとは何か

世界の自動車メーカーが挙って投入している車種がSUVですが、SUVとは何かと言うとSports Utility
Vehicle(スポーツユーティリティービークル)の略で、Sはスポーツ、Uは万能や実用的、Vは乗り物で日本語にすると、多目的スポーツ車となります。軽自動車やミニバンとは、全く形状が違うので分かりやすいですがランドクルーザーのようなRVと何が違うかと言うと、サイズ感を含めた乗りやすさ(多目的)があり、RVのような走行性(スポーツ)を持った自動車と言うことです。

大きく分けるとRVのジャンルに入るのですが、より細分化したのがSUVとなります。特徴は、やはりミニバンよりも高くなっている車高で、悪路の走行を可能にして雪道やアウトドアでの無舗装の道路を安心して走行できるようになっています。車内の空間スペースも確保されており、ラゲッジスペースも十分にあります。このような事から、RVのような走行性を持っていて、ミニバンみたいな居住空間も兼ね備えている自動車がSUVですね。

最近では、大口径のアルミホイールを履いたり、わざと車高を下げたりと様々なカスタムもあるようですが、SUVは、スポーツ感覚での街乗りもアウトドアでの悪路もこなせるユーティリティープレーヤーだと言うことです。

SUV選びのポイント

一口にSUVと言っても現在販売されているSUVの中でも色々違っています。大きく分けると3種類に分か
れます。

1.コンパクトクラス

1500ccクラスのエンジンを搭載しているクラスで、コンパクトカーのプラットフォームを使用している場合が多く、経済的で乗りやすさや街乗りを重視したクラスになります。例えば、ホンダのフィットをベースにしたヴェゼルが代表的な車種です。他に、マツダのデミオをベースにしたCX-3も人気です。

2.ミディアムクラス

2000ccクラスのエンジンを搭載している中心的クラスで、悪路での走破性も優れ、居住空間も広くなります。
楽に定員数が乗車できるので、ファミリー向けとしてもアウトドアでの走行としても最適です。ニッサンの人気車種、エクストレイル、本格的SUVではないですが、スバルのフォレスターがこのクラスにあたります。

3.ラグジュアリークラス

2000cc以上の大きなエンジンを搭載しているクラスで、よりサイズが大きくなります。居住空間が広くなるのは当然ですが、ラゲッジスペースも広くなり排気量も大きくなるので長距離走行も楽になります。このクラスでは、内装も上質になり外観も迫力があり高級感があります。代表的な車種が、トヨタのハリアーですが、クリーンディーゼルエンジンを搭載した、マツダのCX-8もこのクラスになります。

上記の大きく分けた3クラスで自分に合った車種を始めに考えると良いかと思います。次に予算ですね、SUVだと200万~500万円位が価格帯ですが、サイズが大きくなるほど高価になっていきます。また、ハイブリットやクリーンディーゼルのようなエンジンを搭載している車種も当然価格は高くなります。

通勤や買い物、近場のドライブがメインで維持費を抑えたい方はコンパクトクラス。乗車定員を確保し、悪路も走行するのであればミディアムクラス。ワンランク上のSUVでゆったりとドライブされたい方には、ラグジュアリークラスが良いかも知れませんね。

SUVクラス別に選ぶこの一台

車種1:<コンパクトクラス>トヨタ CH-R

燃費性能と安全性能を併せ持ったSUVで、プリウスのプラットフォームを使用した車です。外観が特徴的でとてもスポーティーなデザインで人気があります。基本はプリウスですが、タイヤサイズを大きくしブレーキやスタビ、サスペンションも変更されていて車高が高くなっても走行性能を落とす事のない足回りです。最小回転半径が5.2mで取り回しが良いので車庫入れや街乗りも運転しやすくなっています。
1800ccのFF・ハイブリット/1200ccターボの4WDから選べます
価格帯:250万~290万円 燃費:15.4~30.2Km(JC08モード)

車種2:<ミディアムクラス>ニッサン エクストレイル

街乗りから本格オフロードまでこなしてくれる万能的なSUVで、コーナリングで滑りやすい路面を予測する
「オールモード4X4i」が搭載されていたり、ニッサン独自に開発した「シャーシ制御技術」で悪路でも安定した走行が可能になっています。大変人気も高く北国の北海道では、SUV登録台数1位にもなっています。
オプションで自動運転の「プロパイロット」も設定可能になっています。
価格帯:220万円~310万円 燃費:15.6~20.8Km(JC08モード)

車種3:<ラグジュアリークラス>トヨタ ハリヤー

言わずと知れたSUVの先駆者で高級SUVの代表格です。とても乗り心地の良い車で前後で足回りの設定を
変更したり、衝撃を吸収するクッション性の高いシートを採用するなど快適性を追及しています。外観の高級感はもちろんのこと、内装も高いデザイン性でラグジュアリー感があります。後部座席も広く作られていてゆったりと座ることができます。通常のエンジンとハイブリッド、新しくレクサスのNX200tから移植されたターボも追加されました。
価格帯:230万円~500万円 燃費:12.8~21.4Km(JC08モード)

© 2021 車の選び方!パーツの選び方!